iPhone4S正式発表〜KDDIからの発売も確定 10/14発売

日本の深夜に開催されたiPhone発表会。冒頭はMaciOS5などの説明が繰り返され、いまいちなところもあったのですが、その一番の注目のiPhoneについては結局iPhone4Sのみが発表となりました。

iPhone 4S 発表 -- Engadget Japanese

iPhone5の発表無し。iPhone4SはiPhone4の廉価版という訳でなく、iPhone3Gに対する3GSと同じで、性能アップのマイナーアップデート版という感じだったみたいです。CPUはA5デュアルコア。グラフィックもデュアルコア。グラフィックは特に向上度合いが大きいようで、4との比で7倍速くなるみたいです。カメラも性能向上。8M ピクセルに、レンズは5層。F値2.5と明るいレンズになっています。AF,AE、顔認識にAWBも。コンデジとほぼ同性能ですね。それ以外の未来的機能としては音声認識での操作の拡充。単にアプリを起動するだけでなく、「パリの時間は?」「めざまし6時にセットして」と言った形で、目的語と組み合わせた動作もサポートするみたいです。

ただ、全体としてはマイナーチェンジだなぁ、という印象。3GSの発表会もそんな感じでしたが。3GSで買ってしまうと、2年後の買い替えもマイナーチェンジという、ある意味がっかりなことになってしまうんですかねぇ。

また、注目のキャリアについては噂通りKDDIが追加。アメリカでもSprintが追加されて主要キャリアが全てサポート。ある意味、日本のドコモだけがハブにされているイメージですね。ソフトバンクだから、ということでiPhoneを嫌っていた人が、どうなるか。ドコモがはぶられているので、結構まだ微妙かも。

自分的には、買うかどうか非常に難しいですね。たしかに、3GSだとメモリが特に厳しくて、メモリ解放ソフトで度々クリアしながら使っている状態。スペックが高いものを使いたい気はします。ただ、そのためにまた2年縛りが発生して、iPhone5に乗り遅れてしまうのも癪なんですよねぇ。iPhone4Sが1年周期で来なかった分、次のiPhone5がいつくるかも気になるところです。米国では予約は10/7から開始。日本でも、発売日に手に入れようと思うと猶予期間はあまり有りません。iPhone3GSユーザーは、キャリアも含めていろいろ頭を悩ませることになりそうですね。