asahi.com: PSP向けアダルトビデオ発売へ SCEは困惑 - ビジネス

PSPのアダルトビデオの件、Wiredにつづいて、何とasahi.comで報道されちゃいました。まさか、ここまで大衆紙が取り上げるとはおもわなんだ。
で、この記事の中で、さすがにソニーがコメントを出しています。そのコメントがなんとも。

PSPは小中学生を中心に利用されているため、同社は「好ましくないが、ソフトメーカーが発売するのは止められない」(広報部)と困惑している。

困惑?え?PSPって、UMD焼くのはSCEなんじゃなかったっけ?最近、別のルートもできたと言うが、どちらにしろ、販売中止などを要請できる立場なのは間違いないだろ?なに、被害者面しているんですか?まさに、「何いってんだと思った」ですよ。やじうまAV Watchじゃ、把握もしていない、みたいなコメント吐いていたし。たとえ本当に管理できなかったのだとしても、そんなオープンな企画を、PSP専用な状態で採用している時点でだめだめじゃん。せめて同時に単体UMDプレーヤーでも出しておけば、PS2のDVDと同じで言い訳できただろうに。
しかも、何気に中心客層が小中学生に。自分はせめて中高生ぐらいだとおもったんですけど(それでも未成年だけど)。思わず、これもSCEの宣伝戦略何じゃないかと勘ぐっちゃいますよ。この報道を見て、「PSPでアダルトビデオ見えるんだ!」って喜ぶ中高生、もしくは家庭持ちの親父はぜったいいるぞ?なんてったって、持ち運びできて、トイレとかでこっそり見ることもできるしね。実に実用的だ。親にもばれにくい。実際に、アダルトUMD出すh.m.pでは具体的な提案しているし。
アダルトPSP講座
今回の報道も、単にソニーは被害者面して単にAVを本格的に宣伝したかっただけちゃうんかと。
しかし、やはりこれは諸刃の剣だよなぁ。本当に子供がPSPでAV見ていたとして、それを見つけた親はどう思うんだろうね。そもそも、子供に買い与えるには不健全、という認識を持ってもおかしくありません。ソニーとしては、いっそのこと携帯ゲーム機を全部そういう目で見てもらって、任天堂つぶせたらラッキーとか思っていたりしてw。
ともかく、PSPは着実にゲーム機以外の何かに邁進しているのは確かのようですね。