米国版「逆転裁判」の新要素とDSでの今後の展開 - QUITER

QUITERにて、逆転裁判に関するもう少し詳しい情報と、今後の展開が語られています。
この記事によると、米国版逆転裁判1には、ストーリーが一つ足されて、5話になるようです。逆転裁判はいろいろ話がぼつったり、それを次回作で再利用したり、としているので、なにかまだ話が余っていたか、それとも書き下ろしか。どちらにしろ、これにより日本での発売もされそうな展開です。となると、完全新作は相当あとになるのかな…。
もう一つは今後の展開として、裁判モードでの時間制限。もともと初期のバージョンでは時間制限が入っていたようですが、難しすぎて社内で没となったという経緯があるだけに、どのようにシステムを修練させてくるのでしょうか。
とりあえず、完全新作の話が入っているというのは大きいですねぇ。DS版の操作性を試す意味で、日本で発売されたら買ってもいいかも知れない。